はんこお役立ち情報

 日常生活で頻繁に使うはんこ。頻繁に使うからこそパワーストーンブレスレットみたくどっかにポイッと置いてしまって、どこに置いたか思い出せない!忘れてしまった。なんて事件ありませんか?結構、私はあるんですよね。ガサツということでしょうか(笑)しかし、ブレスレットならともかく、はんこが見当たらないと結構焦ってしまうため冷静な判断ができなくなってしまうものです。あまりにも見つからないと、空き巣に入られたのでは?と不安を抱いてしまいます。ということで、このページでははんこの保管場所や紛失したときの対処方法など、はんこについてのお役立ち情報をご紹介したいと思います。(私ははんこにもブレスレットにも、携帯のように呼び出し機能があれば・・・なんて)

お役立ち情報集

はんこを保管する場所は?

 はんこって実印や銀行印、認印まで幅広い用途に使いますよね。その用途別にはんこと通帳を分けて保管している人が多いと思うのですが、それってちょっと考えてください。確かに使う目的がそれぞれ異なりますから分かりやすいのですが、もし空き巣などに入られた場合、「この通帳は、この銀行印」と教えているようなものですよね。そうなると、通帳から貯金を全額引き下ろされてししまうといった可能性が出てきます。また、実印と印鑑登録証も同様です。実印と印鑑登録所を同じ場所に保管して、さらに不動産などの権利書など重要書類も一緒に保管していたとしたら、もうお分かりですよね?考えただけでもゾッとしますが、こういった状況も踏まえた上で保管場所も考えなければいけません。ちょっと面倒くさいかもしれませんがはんこははんこで保管。預金通帳や印鑑証明などの重要なものは、はんことは別に保管すると安心できると思いますよ。

 まぁ、とても厳重に保管している人も中にはいると思うので大きなお世話かもしれませんが、火事などの思わぬ事態や長い間自宅を留守にする場合は気をつけた方がいいかもしれません。印材として近年流行しているパワーストーンの中には火に弱いものも存在します。変形してしまったパワーストーン印鑑は、作り直すほかありませんがパワーストーン自体の値段も高ければ印鑑証明や銀行など、変更の手続きがたくさんあってとても面倒です。きちんと保管していても、空き巣以外の被害というのも考えおかなければ思わぬことで被害が出てしまう可能性だってあるのです。火事での消失や長期間留守による紛失など、はんこであれトラブルはいろいろあります。「それじゃ、どうすればいいの?」ですよね。もし不安に感じるなら、銀行にある貸し金庫に保管する方法というのもあるのです。はんこはもとより、印鑑登録証といった重要な書類も保管することができますので安心ですよね。年間にかかる費用もそれほど高くないので、利用してみる価値はあると思います。何事もトラブルを想定した対応を取った方が、一番最善の策ではないでしょうか。

check

歯周病 横浜
http://www.sugiyama-dental.com/

最終更新日:2017/5/1

Copyright (C) 2008 hankopet. All Rights Reserved.