もし、はんこを盗まれてしまったら?

 もし、はんこの紛失や盗難にあったと気づいたときは、まずは落ち着いて対処しましょう。実印はとても大事なはんこです。個人でも会社であっても一番重要となるはんこですので、「紛失にあった」「盗難にあった」と役所や登記所に届けだしましょう。これは、そのはんこで悪用されないために廃止手続きを取るためです。被害を最小限に抑えるためにも、早急に対応しましょう。廃止手続きと一緒に、新しく印鑑登録を行うとスムーズです。銀行印の場合はお金に関わるトラブルのもとですので、すぐに改印届けを出して対処しましょう。これが遅れると、勝手にそのはんこで銀行取引が行われてしまうなどの被害が発生してしまうかもしれません。警察にも盗難届けを出す必要があります。会社のはんこの場合は取引先とのトラブルも考えて早急に対応し、その旨を連絡するようにしましょう。会社の名前で領収書などが偽造される恐れがありますので、自社の問題だけでは済まなくなりますよ。

印鑑登録証の場合は?

 印鑑登録証も、はんこと同じく重要なものですよね。もし、印鑑登録証の紛失及び盗難に気づいた場合は、はんこの対処方法と同じく役所に届けだしましょう。そうすれば、印鑑登録証の廃止手続きをしてくれます。再発行手続きを取ることはできないので、新しく手続きを行って印鑑登録証を発行してもらいましょう。他人でも印鑑登録証を利用することができるのかと疑問に思った人がいるかも知れませんが、代理人として氏名や住所を記入すれば印鑑登録証の発行ができることもあります。今は何親等以内の方でないと受付できないとか、本人による代理人証明証がないと受付できないといったように防止策は役所側でもしているのですが、注意に越したことはありません。印鑑登録証が盗難にあってトラブルに巻き込まれる可能性があるようなら、ただちに役所に連絡して一時的に発行を停止するようにお願いすると良いですよ。

check

エクステ 新宿
http://hair-exte.net/shop/shinjuku.html

2017/5/1 更新

Copyright (C) 2008 hankopet. All Rights Reserved.